スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ :

Return to page top

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

繰り返し(while文)

while文は、for文と同様に繰り返し処理をするために使います。

一般的には、for文が何回繰り返すか分かっているときに使って、while文は繰り返しの回数がわからないけれど条件が満たされている間は繰り返さなければならない場合に使うとされていますが、実際には両者はほとんど変わらないと言ってよいです。

なのでfor文さえマスターすればwhile文は必要ないと言っても過言ではないのですが、人が書いたプログラムの中でwhile文が使われていることもあると思いますので知っておいて損はないでしょう。

文法上は、以下のように異なります。

for( ループの初期設定; ループの継続判定; ループ中の変化記述 ) {
繰り返し処理;
}

ループの初期設定;
while( ループの継続判定 ) {
繰り返し処理;
ループ中の変化記述;
}



for文の場合、小かっこ()の中で初期設定、継続判定、変化記述をまとめて書き、中かっこ{}の中で繰り返し処理を書くという形式です。

一方、while文では、初期設定は小かっこ()の前に書き、小かっこ()の中では継続判定のみ書きます。また、繰り返し処理と変化記述は中かっこ{}の中に書きます。

0,1,2の3つの数字を出力するプログラムは、for文を使うと以下のようになります(以前出てきました)。

int start()
{
Print(0);
Print(1);
Print(2);

return(0);
}


while文を使うと以下のように書けます。

int start()
{
int i=0;
while(i<3){
Print(i);
i++;
}
return(0);
}


スポンサーサイト

タグ :

Return to page top

Bookmark
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。