スポンサーサイト





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ :

Return to page top

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Hello! を出力 (1)





これから、メタトレーダーの「MQL4」を利用したプログラミングを学習します。

「MQL4」は、C言語をベースにしたプログラミング言語です。

C言語やJavaなどのプログラミングをやったことのある方ならスムーズに入っていけますが、プログラミング初心者の方にはやや敷居が高いかもしれません。

プログラミングというと難しいイメージがあるかもしれませんが、人力ではとてもじゃないけどできないような複雑なことをコンピュータにやってもらうための手段で、実は人間が楽をするためのものです。

ここでは、プログラミング初心者の方にもMQL4を使いこなせるように、なるべく易しい説明を試みることにします。


MetaEditorを立ち上げる


まず、ツールバーの「MetaEditor」のボタンをクリックします。

20110117_1

MetaEditorが立ちあがります。

20110117_2

MetaEditorとは、MQLを書くノートのようなものです。ここにプログラミング言語を記述していきます。

ツールバーの「New」を押すと、

20110117_3

「Expert Advisor Wizard」のウインドウが立ち上がります。

20110117_4

今回はExpert Advisorを作りますので、そのまま「次へ」ボタンを押します。

Expert Advisorの設定画面になりますが、「Hello!」という文字を出力しますので名前を「Hello!」とだけしておきましょう。

20110117_5

プログラム入力画面になりました。

20110117_7

簡単なコードを記述する


何やらたくさん横文字が現れました。

上のほうにはこんな記述があります。

//+------------------------------------------------------------------+
//| Hello!.mq4 |
//| Copyright ゥ 2011, MetaQuotes Software Corp. |
//| http://www.metaquotes.net |
//+------------------------------------------------------------------+
#property copyright "Copyright ゥ 2011, MetaQuotes Software Corp."
#property link "http://www.metaquotes.net"


//で始まるコードはコメントで、プログラムを分かりやすくするために自由に書き込めるノートや付箋のようなものです。ちょっとしたことを書きとめたいときなどに活用しましょう。

#の部分は呪文のようなものなので気にしないでいいです。

といっても気になる人もいると思うので簡単に説明すると、これはプリプロセッサ(前処理)命令といって、あらかじめプログラム全体にかかわる設定をする部分です。HTMLでいうとヘッダのようなものです。

//の部分を抜くと、このプログラムは3つの部分から成り立っています。

int init()
{
  return(0);
}

int deinit()
{
  return(0);
}

int start()
{
  return(0);
}



int init(){}
int deinit(){}
int start(){}
の3つです。{}の中にいろんな指令を書いていきます。

return(0); は「実行」のようなものです。エラーがないことを0で表し、0を返してプログラムを終了させます。0以外の数字が返されることはエラーの発生を意味します。

int init(){} の部分は、プログラムを立ち上げたときに1度だけ呼び出されます。int deinit(){} の部分は、プログラムを終了するときに1度だけ呼び出されます。

今回は、int start(){} の部分にコードを記述します。

int start(){} の部分( start()関数 )は、チャートの値動き(ティック)があったときに毎回読み取られるプログラムです。

int start()
{
Print("Hello!");
return(0);
}


上のように書いてみてください。赤い部分が今回書き加えるところです。

解説すると、Print()とは関数の一つで、決めたことを何度でも実行してくれる忠実な家来のようなものです。

関数の終わりには、セミコロン「;」が必要です。

Print("Hello!");
とは、「Hello!」という文字列を出力しなさい、という意味です。

それでは実際に出力しようと思いますが、ちょっと長くなったので今回はここまで。

スポンサーサイト

タグ :

Return to page top

Comments:

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback:

TrackBack URL for this entry
http://metatradermania.blog24.fc2.com/tb.php/4-4ca2ed43
Listed below are links to weblogs that reference
from ど素人のMetaTrader入門
Bookmark
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。